作業効率を高める目的

動作が遅くならない対策

すばやく操作できるように

たくさんのファイルがパソコンに入っていると、読み込みが遅くなってしまいます。
さらに、それ以上ファイルを保存できなくなるので困るでしょう。
そうならないように、大事なファイルはHDDに保存してください。
それならパソコンの容量に影響を与えないので、いつでもすばやい動作が実現します。
また仮にパソコンが壊れた場合でも、HDDにバックアップがあればすぐに復活させられます。

ちなみにHDDと似ているものに、SSDというものがあります。
SSDはHDDに比べて読み込み速度が速く、丈夫だという面がメリットです。
しかしHDDよりも高いので、予算も考慮してどちらにするか決めましょう。
どちらを導入した場合でも、作業効率が良くなるのは間違いありません。

紙の書類をデジタル化する

環境のために、紙の書類を使わないでデジタル化している会社が多く見られます。
手書きの書類をパソコンで管理するためには、スキャナーという機械が必要です。
会社に備わっているかもしれませんが、据え置き型の大きなスキャナーでは使いにくいかもしれませんね。
もっと手軽に使えるよう、携帯用のスキャナーを購入するのが良い方法です。

すると自分の近くに置けますし、スキャンが必要になったらすぐ使えます。
カバンにも入るコンパクトなサイズなので、持ち歩いて出張先でもスキャンできます。
デジタル化したい書類があったら、後回しにしないでその場ですぐスキャンしてください。
最近は自宅で仕事を進める機会が増えており、携帯用のスキャナーはリモートワークにも向きます。


▲ TOPへ戻る