作業効率を高める目的

身体への負担を削減しよう

集中して仕事に取り組む

腰痛がひどくて悩んでいる人は、長時間のデスクワークが原因だと考えられます。
しかし仕事なので、デスクワークをやめることはできないでしょう。
症状を改善したい時は、スタンディングデスクを導入してください。
スタンディングデスクとは、立ったままの状態で仕事をするためのデスクです。
立ったまま作業することで姿勢が良くなり、腰痛や猫背を改善できます。

さらに立ったままだと、眠気を解消できます。
すると、集中力を持続させる効果も生まれるでしょう。
立つことが運動になるので、働きながら運動不足を解消できる面も好まれる理由です。
購入する際は、高さを自由に調整できるタイプのスタンディングデスクを選んでください。
安い製品は、高さを変えられないことがあるので気を付けましょう。

画面から発生する光

実は、パソコンからはブルーライトという特殊な光が発生しています。
ずっとそれを浴びていると目が疲れて、眼精疲労の症状が起こるので気を付けてください。
時々休憩しながら作業を進めるのが良い方法ですが、ブルーライトを遮断できる眼鏡を使うのも効果的です。
そこで、ブルーライトカット眼鏡を使いましょう。

腰痛や肩凝りに悩んでいる人がいますが、それも眼精疲労が原因だと考えられます。
あまりにも症状がひどくて仕事がなかなか進まない人は、ブルーライトカット眼鏡を試してください。
またブルーライトは神経に悪影響を及ぼし、大きなストレスを抱く場合もあります。
人間の身体に大きな影響を与えるものだと理解し、早めに対策を施しましょう。


▲ TOPへ戻る